結局カナディアンマン負けてるし

2017102402.jpg
カナディアンマン対パイレートマン。
新必殺技とか、スペシャルマンとの特訓とか色々ありましたけど、結局カナディアンマンの負け
結局あいつは屁タレ、国辱、弱体だったということか。
最初はフィジカルで優れている割にはテクニックやメンタルで劣るため弱いみたいな話でしたが、
最終的には闘志に体がついてこないという謎の負け方。
ゆでたまご先生でなければ許されない展開です。
古株かつ何かと出番が多く、フィジカルや超人強度で優れたカナディアンマンすら敗北。

次のベンキマン対ギアマスターなんて一番負けそうな組み合わせも全く期待できません。
歯車がトイレに流れるとは思えませんし、ベンキマンは歯車で砕きやすそうなデザインです。
ウルフマン以外の脇役4人の最後の希望は映るたびにローキックを決めてるカレクックか。

しかし「やはりダメか~っ」って委員長酷いな。
スポンサーサイト

アイドルタイムプリパラ第29話 「グランプリ大決戦!」 感想

itpp29-09.jpg
3回目のグランプリはしゅうかの勝利。
絶対音感を持つ地獄ミミ子を呼びギリギリまで特訓をしたのが勝因でしょうか。
いつも通り先にライブをキャラが負けて、後にライブをしたキャラが勝ったってだけの話でもありますが。
ギリギリまで特訓して間に合わなくて負けるって言うならともかく、実力で負けるってのはないわな。


しかしミーチルはこれからどうするんだろ。
グランプリ優勝も無し、コヨイのエスコートもしゅうかに取られて。
他の3人に明らかに遅れをとっています。
まあ今回しゅうかに負けたことで対抗意識を持ってチームを組む流れでしょうか。

グランプリは何話も使うほどの内容ではありませんが、
ライブを何回もやらないといけないのでどうしても話の内容が薄くなってしまいます。

次回はハロウィン回のようですが、蘭たんは出ないのか?
もうパラ宿ではなくパパラ宿ですし、去年の時点でガァルマゲドンに喰われてましたし。

アイドルタイムプリパラ第29話 「いっちばーんがやってきた!」 感想

itpp28-09.jpg
み~んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ」以来2年半、
テレビとなるとプリパラ開始前のオールスターセレクション以来、
伝説の神アイドルセインツのメンバーみあが登場。
しかし「上葉」でも「日下部」でもなく「華園みあ」なんですね。
微妙に違う別人?
WガンダムゼロのTV版とエンドレスワルツ版みたいな設定上は同じだったりするのか?

itpp28-01.jpgitpp28-03.jpg

チーム結成に動き出すゆい達。
プリパラの外ではあっさり決まるが、みちるの意思とは別にミーチルが反対。
プリパラの外でもあろま達に無理やり従わされた感じでしたし、
表面上では仲良くしていても内心が分からない。
何か仲良くなるようなイベントが必要なキャラクターですね。
ゆい達とチームを組むか、しゅうかを家臣として従えるか次回のグランプリ次第。
ここでゆいやにのが勝てばきれいに収まるのですが、
ゆいもにのも既に1回優勝してますし、しゅうかかミーチルが優勝しそうです。
ゆい、にの、ファララの主人公チーム、
しゅうか、ミーチル、ガァララのライバルチーム
みたいになるのかも。
エンディングの感じだとゆいにのミーチルみたいですけど。

itpp28-26.jpgitpp28-28.jpg
itpp28-15.jpgitpp28-16.jpg

じゃんけんでグーでもチョキでもパーでもなく「いっちばーん」で勝利するみあ。
グーチョキパーが揃ってるから誰が来ても勝てるというチームが否定されたな。
シオン曰く「勝ち負けを超越した存在」

OTTでプリズムクイーンカップを優勝したあいら。
全員でグレイトフルシンフォニアを演じたみあ。
勝者ではなく勇者になったなる。
よく考えたらセインツのメンバーは全員が勝ち負けを超越した存在です。
らぁらもらぁらで「みーんな友達、みーんなアイドル」で、勝負を超越した感じがありますし、
神アイドルの条件の一つなのかも。

itpp28-42.jpgitpp28-43.jpg

行くあてがないということでプリパラ内のカフェで働くことにしたみあ。
しゅうかが困っているところを見ると目の上のたんこぶ的そんざいなのは確か。
しかしこのみあって何歳なんだろう。
プリパラで現役だったのは何年も前の話ですが、身長はシオンやしゅうかよりも明らかに低いです。
勝ち負けだけではなくて、時間や次元すらも超越した存在なのかも。
プリパラの神アイドルともなればそれくらい出来るのかもしれません。
らぁらが3回も小学6年生をやってますし。


itpp28-04.jpgitpp28-14.jpg

ペアチャム、ペアチア、プリズミーっぽいモブにピュリティっぽいモブ。
ビフチキっぽいモブもいました。
アニメが終わるたび2期とか続編を望む声が上がりますが、
4クール見たアニメでも全然足りないんだから、1クールだけで満足しろってのは無理な話ですね。

ラブライブサンシャインのラストを考えてみたけど

2017100801.jpg
秋葉原という東京のド真ん中、最高の立地条件を備えている音ノ木坂と違って、
何もない田舎の浦の星がどうやって廃校を免れるのか。
ラブライブ優勝とかの実績を残したとしてもなかなか人が集まらないと思います。
その上実力的にラブライブ優勝どころか本戦出場も出来ていません。

しかし廃校を回避できませんでしたというラストでは、鉄血のオルフェンズ並みのバッドエンドです。
μ'sの活躍も立地条件が良かっただけになりますし。
全方位から叩かれるやつです。

かといって、沼津に廃校を回避できるほど人を集められましたというのも非現実過ぎます。
ここまで得票が0とか入学希望者が全然いないとかやってきたのが嘘みたいになります。
これもこれで視聴者を失望させます。

どうすれば廃校を回避できるかですが、
音ノ木坂と違って浦の星は完全な廃校ではなく、沼津の学校との統廃合です。
どこか別の学校(セイントスノーが通う学校とか)と姉妹校の関係を結び、統廃合を有利に進める。
多少形は変わるが「浦の星女学院」という学校は残る。
というのはどうでしょうかね。
まんまサクラクエストのラストの展開ですけど。
落とし所としてはまあよく出来たところかと。

アイドルタイムプリパラ 第27話 「華園しゅうかでございます」 感想

itpp27-16.jpg
「華園しゅうかでございます」、サブタイトルの時点で懐かしいネタ。
しゅうかみたいなアホっぽいお嬢様キャラは結構好きです。
好物は芋と、パパラ宿のメンバーらしく炭水化物。
フレンチフライはフランスのものとしゅうかは言っていますが、
油で揚げた芋を出したベルギー人をフランス人だと勘違いしたため、「フレンチ」と呼ぶようになったそうです。
サクラクエストが言うにはフレンチトーストもフレンチさんが作ったから「フレンチ」らしいですし。
「フレンチ○○」ってのは存外当てにならないものですね。

itpp27-10.jpgitpp27-14.jpg

夢ではなく現実的な目標を目指す。
夢をもとめるゆいに対して、利益をもとめるしゅうか。
ゆめゆめ言ってるゆいとは対極的なライバルキャラ。
アイドルタイムや人気ですら金で買おうとするのはどうかと思いますが、
既に阿世知欽太郎がいましたね。
金で解決っていうのはイメージ的に悪いですし、
金の力が通じないサバイバルな状況とかで痛い目を見るとかはありそう。


次回のグランプリではチームでの参加が可能。
しゅうかはギャラの取り分が減ることを嫌がり、チームには否定的。
チームを組んだゆい達がしゅうかに勝つ流れですね。
ファララに言われたのを除けばチーム結成の兆しが見えませんが。

次回登場する「いっちばーん」が物語を動かすのでしょうか?
いっちばーんの人はソロでの活動がなく、チーム活動の経験が豊富。
ゆい達のチーム結成を導いてくれるかもしれませんが、
みあはオールスターセレクションでも導いている感じは余りありませんでした。
プリズムツアーズ以来、2年半ぶりの登場。
楽しみです。

itpp27-06.jpgitpp27-22.jpg

新OPの茨につかまったファララと怪しい雰囲気のガァララ。
新EDの顔を寄せ合うパパラ宿組。
イイネ。
プロフィール

キンケツマン

Author:キンケツマン
はじめまして。わたくしキンケツマンと申します。
日々のくだらない思い付きを書き綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR