FC2ブログ

「KING OF PRISM by Pretty Rhythm」 感想

2015100402.png
女子よりもハイレベルとされる男子プリズムショー
噂以上のモノでした。


ヒロは相変わらずヒロですし。
コウジはコウジで「赤い糸と夏の恋」の糸で一条シンをグルグル巻きにしますし。
あの業ってああいう使い方もあったのかって感じです。
悟空が反対方向にかめはめ波をブーストしたみたいな。

2016011001.jpg2016011002.jpg
カヅキは大和アレクサンダー(cv武内駿輔)のダンスバトルに至っては、
レベルの高いパフォーマンスを繰り出すことで相手の装備が破壊され、
最終的にはスリングショット水着みたいに胸元から下腹部までが露になる、
エロスとバイオレンスをふんだんに取り入れたエクストリームなもの。
これに関しては女子でも見てみたいです。
色々ないみでカヅキとアレクサンダーのバトルは一番の見所だと思います。
特にバーニングソードブレイカーとシックスパックの激突

カヅキとアレクサンダーのバトルで武内君がEZ DO DANCEを歌っているんですが、
TRF全盛期は20年も前なんでまだ10代の彼は生まれてないんですね。
なんか複雑な気分です。

新主人公にあたる一条シンは感動するたびに裸になりますし、
法月仁は風呂に入りながら全裸の如月ルヰを眺めて「美しい」を連呼。
(なぜか仮面装着&孔明みたいなうちわを持って)
太刀花ユキノジョウと西園寺レオも入浴シーンがありました。
とにかく全体的に肌色が大目の内容。
2016011003.jpg2016011004.jpg


ゲームやら女児アニメという枷を説かれたからでしょうか?
黒川冷の喫煙とか、法月皇の他界とか。
大人とはいえ喫煙シーンはやりにくいでしょうし、
プリティーリズムでキャラクターが死ぬとは思ってませんでした。
今までのプリティーリズムではありえなかった展開の連続。
何よりコーデ要素が皆無でしたし。
監督はジュネが裸になったことを禁じ手と語っていましたが、この映画は禁じ手の連発です。
70分という普通のアニメなら2話から3話分の尺がありましたが、ずっと驚くか笑うかしてました。
非常に大満足した映画です。


懸念していたなるちゃん達の出番もわずかながらありましたし。
しゃべりませんでしたけど。
べる、あん、いとの3人に関しては声が出てもいい場面が有ったんですが、
どういうわけか字幕だけでしたし。
ところであの自転車のシーン、コウジといとの組み合わせはともかく、
ヒロはべると、カヅキはあんとで良いんですかね?
結局ヒロはべるに対して未練があって、
カヅキはなんだかんだでわかなよりもあんを選らんだんですかね?
もしかしたらプリズムクイーンカップの上位3人とかかも知れないですけど。

髪が伸びてかわいくなったなるとか、シスターになったジュネ、
色々ありますけど一番驚いたのはモモオーナー。
赤ちゃんを抱いていましたが冷との子供でしょうか?
マスコットが子供を生めるのか?冷はモモオーナーと事に及んだのか?
生まれた子供は人間なのかマスコットなのか?
子供は卵から生まれたのか?
疑問が絶えません。

今回はコウジがアメリカへ旅立ち、シンが新たなスタァとしてデビューするところで終わり。
仁が調子に乗ったままですし、ルヰが何者かわかっていません。
その上次回予告みたいなのもありましたし。
その次回がいつどういう形で来るかは分かりませんが……
映画だとどうしても尺が短くなってしまうので全部で13話くらいのアニメでやるのが調度良いとおもいます。
シンとアレクサンダー以外の新キャラはたいした見せ場もなかったですし。
個性的なキャラクターがそろっているのでそれぞれの活躍を見たいです。
プリズムショーも含めて。

以下新キャラの個人的感想
・一条シン
すぐ裸になる。
主役交代で出てきた「シン」と言う名前のキャラにやや不安があるもののしっかりと主役ができていました。
ぶっつけ本番も成功させるあたり主人公としての素質は十分ですが。

・太刀花ユキノジョウ
和装が似合うキレイ系。
女形と言う属性を活かしたサービスシーン要因。

・香賀美タイガ
今のカヅキなら勝てると豪語した直後に、
カヅキがアレクサンダーに負けるわけが無いと持ち上げるベジータ系男子。
苗字が「かがみ」でなかった事に少し安心してます。

・十王院カケル
エーデルローズ所属でありながらシュワルツローズにも力を貸すコウモリみたいなやつ。
プリズムショーの勝敗を機械ですることについて「感情に左右されない公平なジャッジ」と言う。
「プリズムジャンプは心の飛躍」という言葉と反対の事をいうため敵になりそう。

・鷹梁ミナト
エーデルローズの寮における食事当番(持ち回りらしいですが)。
コウジにも共通して言えることですが、料理名は「日本語でおk」

・西園寺レオ
プリパラのウエスト姉妹を思わせる「女の子みたいな妹系男の子」と言う謎属性のキャラ。
サービスシーン要因その2。
練習着の時には腰にパレオのようなものをつけるのはどうなんでしょう?

・涼野ユウ
事あるごとに「お姉ちゃんが」というシスコン。
「ゼウス」という「クロス」も真っ青な名前を名乗る。
いとが「燃えるグランドスピンクロス」を使ったみたいに、
ゼウス=木星で天体系のプリズムジャンプを跳ぶのかも。

・如月ルヰ
公式の紹介にもあるように「謎の美少年」
髪の色とかりんねりゃんを思わせる演出とかあってなんとなく正体が分かるんですが……
TVシリーズで結局できなかった仁の更正、もしくは抹殺が目的でしょうか?

・大和アレクサンダー
仁に次ぐ敵役。
名前、「プリズムショーの破壊者、暴君」という紹介に違わない圧倒的なキャラ。
キャラ的にも声優的にも人気が出そう。

・管理人
管理人としか紹介されていませんが、山田さんと言うらしいです。
あの山田さんとの関係は不明ですが、
男子のプリズムのきらめきの影響で山田さんもイケメンになったと言う解釈をしてます。

既に完結した作品の続編をいまさらやるのはどうかとも思いましたが、
続編としても楽しめて、かつ新キャラが大勢いて新作としても楽しめる良い作品でした。
作品の傾向から女性客が多いかと思いましたが案外男女半々くらいでしたし。
プリティーリズムが好きだった人は是非見るべき映画です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

キンプリでヒロに教えてもらってるのはべるではなくなるだと思います。
プロフィール

キンケツマン

Author:キンケツマン
はじめまして。わたくしキンケツマンと申します。
日々のくだらない思い付きを書き綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR